万葉集2344番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2344番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2344番について

歌番号

2344番

原文

梅花|其跡毛不所見|零雪之|市白兼名|間使遣者|[一云|零雪尓|間使遣者|其将知<奈>]

訓読

梅の花それとも見えず降る雪のいちしろけむな間使遣らば|[一云|降る雪に間使遣らばそれと知らなむ]

かな読み

うめのはな|それともみえず|ふるゆきの|いちしろけむな|まつかひやらば|[ふるゆきに|まつかひやらば|それとしらなむ]

カタカナ読み

ウメノハナ|ソレトモミエズ|フルユキノ|イチシロケムナ|マツカヒヤラバ|[フルユキニ|マツカヒヤラバ|ソレトシラナム]

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SORETOMOMIEZU|FURUYUKINO|ICHISHIROKEMUNA|MATSUKAHIYARABA|[FURUYUKINI|MATSUKAHIYARABA|SORETOSHIRANAMU]

ローマ字読み|小文字

umenohana|soretomomiezu|furuyukino|ichishirokemuna|matsukahiyaraba|[furuyukini|matsukahiyaraba|soretoshiranamu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|植物|序詞

校異

名->奈【元】【類】【紀】

寛永版本

うめのはな[寛],
それともみえず,[寛]それともみえす,
ふるゆきの[寛],
いちしろけむな[寛],
まつかひやらば,[寛]まつかひやらは,
[ふるゆきに[寛],
まつかひやらば,[寛]まつかひやらは,
それとしらなむ],[寛]それしりなむな,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました