万葉集2173番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2173番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2173番について

歌番号

2173番

原文

白露乎|取者可消|去来子等|露尓争而|芽子之遊将為

訓読

白露を取らば消ぬべしいざ子ども露に競ひて萩の遊びせむ

かな読み

しらつゆを|とらばけぬべし|いざこども|つゆにきほひて|はぎのあそびせむ

カタカナ読み

シラツユヲ|トラバケヌベシ|イザコドモ|ツユニキホヒテ|ハギノアソビセム

ローマ字読み|大文字

SHIRATSUYUO|TORABAKENUBESHI|IZAKODOMO|TSUYUNIKIHOHITE|HAGINOASOBISEMU

ローマ字読み|小文字

shiratsuyuo|torabakenubeshi|izakodomo|tsuyunikihohite|haginoasobisemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

しらつゆを[寛],
とらばけぬべし,[寛]とらはけぬへし,
いざこども,[寛]いてことも,
つゆにきほひて,[寛]つゆにいあひて,
はぎのあそびせむ,[寛]はきのあそひせむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました