万葉集2278番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2278番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2278番について

歌番号

2278番

原文

戀日之|氣長有者|三苑圃能|辛藍花之|色出尓来

訓読

恋ふる日の日長くしあればみ園生の韓藍の花の色に出でにけり

かな読み

こふるひの|けながくしあれば|みそのふの|からあゐのはなの|いろにいでにけり

カタカナ読み

コフルヒノ|ケナガクシアレバ|ミソノフノ|カラアヰノハナノ|イロニイデニケリ

ローマ字読み|大文字

KOFURUHINO|KENAGAKUSHIAREBA|MISONOFUNO|KARAAINOHANANO|IRONIIDENIKERI

ローマ字読み|小文字

kofuruhino|kenagakushiareba|misonofuno|karaainohanano|ironiidenikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情|露見

校異

三【元】【紀】吾

寛永版本

こふるひの[寛],
けながくしあれば,[寛]けなかくあれは,
みそのふの[寛],
からあゐのはなの[寛],
いろにいでにけり,[寛]いろにいてにけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました