万葉集2338番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2338番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2338番について

歌番号

2338番

原文

霰落|板<玖>風吹|寒夜也|旗野尓今夜|吾獨寐牟

訓読

霰降りいたく風吹き寒き夜や旗野に今夜我が独り寝む

かな読み

あられふり|いたくかぜふき|さむきよや|はたのにこよひ|わがひとりねむ

カタカナ読み

アラレフリ|イタクカゼフキ|サムキヨヤ|ハタノニコヨヒ|ワガヒトリネム

ローマ字読み|大文字

ARAREFURI|ITAKUKAZEFUKI|SAMUKIYOYA|HATANONIKOYOHI|WAGAHITORINEMU

ローマ字読み|小文字

ararefuri|itakukazefuki|samukiyoya|hatanonikoyohi|wagahitorinemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|奈良|飛鳥|地名|孤独|恋情

校異

敢->玖【古義】

寛永版本

あられふり,[寛]みそれふり,
いたくかぜふき,[寛]いたまかせふき,
さむきよや[寛],
はたのにこよひ[寛],
わがひとりねむ,[寛]わかひとりねむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました