万葉集2271番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2271番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2271番について

歌番号

2271番

原文

草深三|蟋多|鳴屋前|芽子見公者|何時来益牟

訓読

草深みこほろぎさはに鳴くやどの萩見に君はいつか来まさむ

かな読み

くさぶかみ|こほろぎさはに|なくやどの|はぎみにきみは|いつかきまさむ

カタカナ読み

クサブカミ|コホロギサハニ|ナクヤドノ|ハギミニキミハ|イツカキマサム

ローマ字読み|大文字

KUSABUKAMI|KOHOROGISAHANI|NAKUYADONO|HAGIMINIKIMIHA|ITSUKAKIMASAMU

ローマ字読み|小文字

kusabukami|kohorogisahani|nakuyadono|hagiminikimiha|itsukakimasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

くさぶかみ,[寛]くさふかみ,
こほろぎさはに,[寛]きりきりすいたく,
なくやどの,[寛]なくやとに,
はぎみにきみは,[寛]はきみにきみは,
いつかきまさむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました