万葉集2240番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2240番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2240番について

歌番号

2240番

原文

誰彼|我莫問|九月|露沾乍|君待吾

訓読

誰ぞかれと我れをな問ひそ九月の露に濡れつつ君待つ我れを

かな読み

たぞかれと|われをなとひそ|ながつきの|つゆにぬれつつ|きみまつわれを

カタカナ読み

タゾカレト|ワレヲナトヒソ|ナガツキノ|ツユニヌレツツ|キミマツワレヲ

ローマ字読み|大文字

TAZOKARETO|WAREONATOHISO|NAGATSUKINO|TSUYUNINURETSUTSU|KIMIMATSUWAREO

ローマ字読み|小文字

tazokareto|wareonatohiso|nagatsukino|tsuyuninuretsutsu|kimimatsuwareo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋相聞|略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たぞかれと,[寛]たれかれと,
われをなとひそ[寛],
ながつきの,[寛]なかつきの,
つゆにぬれつつ[寛],
きみまつわれを[寛],

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました