万葉集2145番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2145番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2145番について

歌番号

2145番

原文

秋芽子之|戀裳不盡者|左<壮>鹿之|聲伊續伊継|戀許増益焉

訓読

秋萩の恋も尽きねばさを鹿の声い継ぎい継ぎ恋こそまされ

かな読み

あきはぎの|こひもつきねば|さをしかの|こゑいつぎいつぎ|こひこそまされ

カタカナ読み

アキハギノ|コヒモツキネバ|サヲシカノ|コヱイツギイツギ|コヒコソマサレ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|KOHIMOTSUKINEBA|SAOSHIKANO|KOEITSUGIITSUGI|KOHIKOSOMASARE

ローマ字読み|小文字

akihagino|kohimotsukineba|saoshikano|koeitsugiitsugi|kohikosomasare

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|動物|恋情

校異

牡->壮【元】

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
こひもつきねば,[寛]こひもつきねは,
さをしかの[寛],
こゑいつぎいつぎ,[寛]こゑいつきいつき,
こひこそまされ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました