万葉集2234番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2234番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2234番について

歌番号

2234番

原文

一日|千重敷布|我戀|妹當|為暮零礼見

訓読

一日には千重しくしくに我が恋ふる妹があたりにしぐれ降れ見む

かな読み

ひとひには|ちへしくしくに|あがこふる|いもがあたりに|しぐれふれみむ

カタカナ読み

ヒトヒニハ|チヘシクシクニ|アガコフル|イモガアタリニ|シグレフレミム

ローマ字読み|大文字

HITOHINIHA|CHIHESHIKUSHIKUNI|AGAKOFURU|IMOGAATARINI|SHIGUREFUREMIMU

ローマ字読み|小文字

hitohiniha|chiheshikushikuni|agakofuru|imogaatarini|shigurefuremimu

左注|左註

右一首柿本朝臣人<麻呂>之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|恋情|季節

校異

麿->麻呂【元】【紀】【温】|歌【西】謌

寛永版本

ひとひには[寛],
ちへしくしくに,[寛]ちへにしきしき,
あがこふる,[寛]わかこふる,
いもがあたりに,[寛]いもかあたりに,
しぐれふれみむ,[寛]しくれふれみむ,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました