万葉集2135番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2135番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2135番について

歌番号

2135番

原文

押照|難波穿江之|葦邊者|鴈宿有疑|霜乃零尓

訓読

おしてる難波堀江の葦辺には雁寝たるかも霜の降らくに

かな読み

おしてる|なにはほりえの|あしへには|かりねたるかも|しものふらくに

カタカナ読み

オシテル|ナニハホリエノ|アシヘニハ|カリネタルカモ|シモノフラクニ

ローマ字読み|大文字

OSHITERU|NANIHAHORIENO|ASHIHENIHA|KARINETARUKAMO|SHIMONOFURAKUNI

ローマ字読み|小文字

oshiteru|nanihahorieno|ashiheniha|karinetarukamo|shimonofurakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|大阪|地名|動物|植物

校異

特に無し

寛永版本

おしてる[寛],
なにはほりえの[寛],
あしへには[寛],
かりねたるかも[寛],
しものふらくに[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました