万葉集2313番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2313番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2313番について

歌番号

2313番

原文

足曳之|山鴨高|巻向之|木志乃子松二|三雪落来

訓読

あしひきの山かも高き巻向の崖の小松にみ雪降りくる

かな読み

あしひきの|やまかもたかき|まきむくの|きしのこまつに|みゆきふりくる

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマカモタカキ|マキムクノ|キシノコマツニ|ミユキフリクル

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAKAMOTAKAKI|MAKIMUKUNO|KISHINOKOMATSUNI|MIYUKIFURIKURU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamakamotakaki|makimukuno|kishinokomatsuni|miyukifurikuru

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出也

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|非略体|桜井|地名|叙景

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまかもたかき[寛],
まきむくの,[寛]まきもくの,
きしのこまつに[寛],
みゆきふりくる,[寛]みゆきふりけり,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました