万葉集1988番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1988番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1988番について

歌番号

1988番

原文

鴬之|徃来垣根乃|宇能花之|厭事有哉|君之不来座

訓読

鴬の通ふ垣根の卯の花の憂きことあれや君が来まさぬ

かな読み

うぐひすの|かよふかきねの|うのはなの|うきことあれや|きみがきまさぬ

カタカナ読み

ウグヒスノ|カヨフカキネノ|ウノハナノ|ウキコトアレヤ|キミガキマサヌ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|KAYOFUKAKINENO|UNOHANANO|UKIKOTOAREYA|KIMIGAKIMASANU

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|kayofukakineno|unohanano|ukikotoareya|kimigakimasanu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|動物|植物

校異

特に無し

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
かよふかきねの[寛],
うのはなの[寛],
うきことあれや[寛],
きみがきまさぬ,[寛]きみかきまさぬ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました