万葉集2249番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2249番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2249番について

歌番号

2249番

原文

鶴鳴之|所聞田井尓|五百入為而|吾客有跡|於妹告社

訓読

鶴が音の聞こゆる田居に廬りして我れ旅なりと妹に告げこそ

かな読み

たづがねの|きこゆるたゐに|いほりして|われたびなりと|いもにつげこそ

カタカナ読み

タヅガネノ|キコユルタヰニ|イホリシテ|ワレタビナリト|イモニツゲコソ

ローマ字読み|大文字

TAZUGANENO|KIKOYURUTAINI|IHORISHITE|WARETABINARITO|IMONITSUGEKOSO

ローマ字読み|小文字

tazuganeno|kikoyurutaini|ihorishite|waretabinarito|imonitsugekoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|動物|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

たづがねの,[寛]たつかねの,
きこゆるたゐに[寛],
いほりして[寛],
われたびなりと,[寛]われたひなりと,
いもにつげこそ,[寛]いもにつけこそ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました