万葉集1841番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1841番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1841番について

歌番号

1841番

原文

山高三|零来雪乎|梅花|<落>鴨来跡|念鶴鴨|[一云|梅花|開香裳落跡]

訓読

山高み降り来る雪を梅の花散りかも来ると思ひつるかも|[一云|梅の花咲きかも散ると]

かな読み

やまたかみ|ふりくるゆきを|うめのはな|ちりかもくると|おもひつるかも|[うめのはな|さきかもちると]

カタカナ読み

ヤマタカミ|フリクルユキヲ|ウメノハナ|チリカモクルト|オモヒツルカモ|[ウメノハナ|サキカモチルト]

ローマ字読み|大文字

YAMATAKAMI|FURIKURUYUKIO|UMENOHANA|CHIRIKAMOKURUTO|OMOHITSURUKAMO|[UMENOHANA|SAKIKAMOCHIRUTO]

ローマ字読み|小文字

yamatakami|furikuruyukio|umenohana|chirikamokuruto|omohitsurukamo|[umenohana|sakikamochiruto]

左注|左註

右二首問答

事項|分類・ジャンル

春雑歌|問答|植物|季節

校異

->落【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

やまたかみ[寛],
ふりくるゆきを[寛],
うめのはな,[寛]むめのはな,
ちりかもくると[寛],
おもひつるかも[寛],
[うめのはな[寛],
さきかもちると][寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました