万葉集2163番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2163番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2163番について

歌番号

2163番

原文

草枕|客尓物念|吾聞者|夕片設而|鳴川津可聞

訓読

草枕旅に物思ひ我が聞けば夕かたまけて鳴くかはづかも

かな読み

くさまくら|たびにものもひ|わがきけば|ゆふかたまけて|なくかはづかも

カタカナ読み

クサマクラ|タビニモノモヒ|ワガキケバ|ユフカタマケテ|ナクカハヅカモ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABINIMONOMOHI|WAGAKIKEBA|YUFUKATAMAKETE|NAKUKAHAZUKAMO

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabinimonomohi|wagakikeba|yufukatamakete|nakukahazukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|枕詞|動物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

くさまくら[寛],
たびにものもひ,[寛]たひにものおもふ,
わがきけば,[寛]わかきけは,
ゆふかたまけて[寛],
なくかはづかも,[寛]なくかはつかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました