万葉集2305番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2305番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2305番について

歌番号

2305番

原文

旅尚|襟解物乎|事繁三|丸宿吾為|長此夜

訓読

旅にすら紐解くものを言繁みまろ寝ぞ我がする長きこの夜を

かな読み

たびにすら|ひもとくものを|ことしげみ|まろねぞわがする|ながきこのよを

カタカナ読み

タビニスラ|ヒモトクモノヲ|コトシゲミ|マロネゾワガスル|ナガキコノヨヲ

ローマ字読み|大文字

TABINISURA|HIMOTOKUMONO|KOTOSHIGEMI|MARONEZOWAGASURU|NAGAKIKONOYO

ローマ字読み|小文字

tabinisura|himotokumono|kotoshigemi|maronezowagasuru|nagakikonoyo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|尫柜蹋|問答

校異

特に無し

寛永版本

たびにすら,[寛]たひにすら,
ひもとくものを[寛],
ことしげみ,[寛]ことしけみ,
まろねぞわがする,[寛]まろねわれする,
ながきこのよを,[寛]なかきこのよを,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました