万葉集1875番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1875番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1875番について

歌番号

1875番

原文

春去者|紀之許能暮之|夕月夜|欝束無裳|山陰尓指天|[一云|春去者|木陰多|暮月夜]

訓読

春されば木の木の暗の夕月夜おほつかなしも山蔭にして|[一云|春されば木の暗多み夕月夜]

かな読み

はるされば|きのこのくれの|ゆふづくよ|おほつかなしも|やまかげにして|[はるされば|このくれおほみ|ゆふづくよ]

カタカナ読み

ハルサレバ|キノコノクレノ|ユフヅクヨ|オホツカナシモ|ヤマカゲニシテ|[ハルサレバ|コノクレオホミ|ユフヅクヨ]

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|KINOKONOKURENO|YUFUZUKUYO|OHOTSUKANASHIMO|YAMAKAGENISHITE|[HARUSAREBA|KONOKUREOHOMI|YUFUZUKUYO]

ローマ字読み|小文字

harusareba|kinokonokureno|yufuzukuyo|ohotsukanashimo|yamakagenishite|[harusareba|konokureohomi|yufuzukuyo]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|異伝

校異

特に無し

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
きのこのくれの[寛],
ゆふづくよ,[寛]ゆふつくよ,
おほつかなしも[寛],
やまかげにして,[寛]やまかけにして,
[はるされば,[寛]はるされは,
このくれおほみ,[寛]こかくれおほき,
ゆふづくよ],[寛]ゆふつくよ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました