万葉集2162番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2162番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2162番について

歌番号

2162番

原文

神名火之|山下動|去水丹|川津鳴成|秋登将云鳥屋

訓読

神なびの山下響み行く水にかはづ鳴くなり秋と言はむとや

かな読み

かむなびの|やましたとよみ|ゆくみづに|かはづなくなり|あきといはむとや

カタカナ読み

カムナビノ|ヤマシタトヨミ|ユクミヅニ|カハヅナクナリ|アキトイハムトヤ

ローマ字読み|大文字

KAMUNABINO|YAMASHITATOYOMI|YUKUMIZUNI|KAHAZUNAKUNARI|AKITOIHAMUTOYA

ローマ字読み|小文字

kamunabino|yamashitatoyomi|yukumizuni|kahazunakunari|akitoihamutoya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|飛鳥|地名|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

かむなびの,[寛]かみなひの,
やましたとよみ[寛],
ゆくみづに,[寛]ゆくみつに,
かはづなくなり,[寛]かはつなくなり,
あきといはむとや[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました