万葉集1846番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1846番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1846番について

歌番号

1846番

原文

霜干|冬柳者|見人之|蘰可為|目生来鴨

訓読

霜枯れの冬の柳は見る人のかづらにすべく萌えにけるかも

かな読み

しもがれの|ふゆのやなぎは|みるひとの|かづらにすべく|もえにけるかも

カタカナ読み

シモガレノ|フユノヤナギハ|ミルヒトノ|カヅラニスベク|モエニケルカモ

ローマ字読み|大文字

SHIMOGARENO|FUYUNOYANAGIHA|MIRUHITONO|KAZURANISUBEKU|MOENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

shimogareno|fuyunoyanagiha|miruhitono|kazuranisubeku|moenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

しもがれの,[寛]しもかれの,
ふゆのやなぎは,[寛]ふゆのやなきは,
みるひとの[寛],
かづらにすべく,[寛]かつらにすへく,
もえにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました