万葉集2151番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2151番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2151番について

歌番号

2151番

原文

山遠|京尓之有者|狭小<壮>鹿之|妻呼音者|乏毛有香

訓読

山遠き都にしあればさを鹿の妻呼ぶ声は乏しくもあるか

かな読み

やまとほき|みやこにしあれば|さをしかの|つまよぶこゑは|ともしくもあるか

カタカナ読み

ヤマトホキ|ミヤコニシアレバ|サヲシカノ|ツマヨブコヱハ|トモシクモアルカ

ローマ字読み|大文字

YAMATOHOKI|MIYAKONISHIAREBA|SAOSHIKANO|TSUMAYOBUKOEHA|TOMOSHIKUMOARUKA

ローマ字読み|小文字

yamatohoki|miyakonishiareba|saoshikano|tsumayobukoeha|tomoshikumoaruka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|動物

校異

牡->壮【元】【類】

寛永版本

やまとほき[寛],
みやこにしあれば,[寛]さとにしあれは,
さをしかの[寛],
つまよぶこゑは,[寛]つまよふこゑは,
ともしくもあるか[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました