万葉集1814番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1814番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1814番について

歌番号

1814番

原文

古|人之殖兼|杉枝|霞<霏>d|春者来良之

訓読

いにしへの人の植ゑけむ杉が枝に霞たなびく春は来ぬらし

かな読み

いにしへの|ひとのうゑけむ|すぎがえに|かすみたなびく|はるはきぬらし

カタカナ読み

イニシヘノ|ヒトノウヱケム|スギガエニ|カスミタナビク|ハルハキヌラシ

ローマ字読み|大文字

INISHIHENO|HITONOUEKEMU|SUGIGAENI|KASUMITANABIKU|HARUHAKINURASHI

ローマ字読み|小文字

inishiheno|hitonouekemu|sugigaeni|kasumitanabiku|haruhakinurashi

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春雑歌|非略体|植物|季節

校異

->霏【西(左書)】【元】【類】【紀】|之【元】【類】(塙)芝

寛永版本

いにしへの[寛],
ひとのうゑけむ[寛],
すぎがえに,[寛]すきかゑに,
かすみたなびく,[寛]かすみたなひく,
はるはきぬらし[寛],

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました