万葉集1847番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1847番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1847番について

歌番号

1847番

原文

淺緑|染懸有跡|見左右二|春楊者|目生来鴨

訓読

浅緑染め懸けたりと見るまでに春の柳は萌えにけるかも

かな読み

あさみどり|そめかけたりと|みるまでに|はるのやなぎは|もえにけるかも

カタカナ読み

アサミドリ|ソメカケタリト|ミルマデニ|ハルノヤナギハ|モエニケルカモ

ローマ字読み|大文字

ASAMIDORI|SOMEKAKETARITO|MIRUMADENI|HARUNOYANAGIHA|MOENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

asamidori|somekaketarito|mirumadeni|harunoyanagiha|moenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|季節|叙景

校異

特に無し

寛永版本

あさみどり,[寛]あさみとり,
そめかけたりと[寛],
みるまでに,[寛]みるまてに,
はるのやなぎは,[寛]はるのやなきは,
もえにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました