万葉集2183番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2183番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2183番について

歌番号

2183番

原文

鴈<音>者|今者来鳴沼|吾待之|黄葉早継|待者辛苦母

訓読

雁がねは今は来鳴きぬ我が待ちし黄葉早継げ待たば苦しも

かな読み

かりがねは|いまはきなきぬ|わがまちし|もみちはやつげ|またばくるしも

カタカナ読み

カリガネハ|イマハキナキヌ|ワガマチシ|モミチハヤツゲ|マタバクルシモ

ローマ字読み|大文字

KARIGANEHA|IMAHAKINAKINU|WAGAMACHISHI|MOMICHIHAYATSUGE|MATABAKURUSHIMO

ローマ字読み|小文字

kariganeha|imahakinakinu|wagamachishi|momichihayatsuge|matabakurushimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|植物

校異

鳴->音【元】【類】【温】【京】

寛永版本

かりがねは,[寛]かりかねは,
いまはきなきぬ[寛],
わがまちし,[寛]わかまちし,
もみちはやつげ,[寛]もみちはやつけ,
またばくるしも,[寛]まてはくるしも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました