万葉集1830番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1830番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1830番について

歌番号

1830番

原文

打靡|春去来者|小竹之末丹|尾羽打觸而|鴬鳴毛

訓読

うち靡く春さり来れば小竹の末に尾羽打ち触れて鴬鳴くも

かな読み

うちなびく|はるさりくれば|しののうれに|をはうちふれて|うぐひすなくも

カタカナ読み

ウチナビク|ハルサリクレバ|シノノウレニ|ヲハウチフレテ|ウグヒスナクモ

ローマ字読み|大文字

UCHINABIKU|HARUSARIKUREBA|SHINONORENI|OHAUCHIFURETE|UGUHISUNAKUMO

ローマ字読み|小文字

uchinabiku|harusarikureba|shinonoreni|ohauchifurete|uguhisunakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

うちなびく,[寛]うちなひき,
はるさりくれば,[寛]はるさりくれは,
しののうれに,[寛]しののめに,
をはうちふれて[寛],
うぐひすなくも,[寛]うくひすなくも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました