万葉集2237番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2237番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2237番について

歌番号

2237番

原文

黄葉乎|令落四具礼能|零苗尓|夜副衣寒|一之宿者

訓読

黄葉を散らすしぐれの降るなへに夜さへぞ寒きひとりし寝れば

かな読み

もみちばを|ちらすしぐれの|ふるなへに|よさへぞさむき|ひとりしぬれば

カタカナ読み

モミチバヲ|チラスシグレノ|フルナヘニ|ヨサヘゾサムキ|ヒトリシヌレバ

ローマ字読み|大文字

MOMICHIBAO|CHIRASUSHIGURENO|FURUNAHENI|YOSAHEZOSAMUKI|HITORISHINUREBA

ローマ字読み|小文字

momichibao|chirasushigureno|furunaheni|yosahezosamuki|hitorishinureba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節|恋情

校異

特に無し

寛永版本

もみちばを,[寛]もみちはを,
ちらすしぐれの,[寛]ちらすしくれの,
ふるなへに[寛],
よさへぞさむき,[寛]よさへそさむき,
ひとりしぬれば,[寛]ひとりしぬれは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました