万葉集1852番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1852番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1852番について

歌番号

1852番

原文

百礒城|大宮人之|蘰有|垂柳者|雖見不飽鴨

訓読

ももしきの大宮人のかづらけるしだり柳は見れど飽かぬかも

かな読み

ももしきの|おほみやひとの|かづらける|しだりやなぎは|みれどあかぬかも

カタカナ読み

モモシキノ|オホミヤヒトノ|カヅラケル|シダリヤナギハ|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITONO|KAZURAKERU|SHIDARIYANAGIHA|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

momoshikino|ohomiyahitono|kazurakeru|shidariyanagiha|miredoakanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|枕詞|季節

校異

特に無し

寛永版本

ももしきの[寛],
おほみやひとの[寛],
かづらける,[寛]かつらける,
しだりやなぎは,[寛]したりやなきは,
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました