万葉集2122番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2122番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2122番について

歌番号

2122番

原文

大夫之|心者無而|秋芽子之|戀耳八方|奈積而有南

訓読

大夫の心はなしに秋萩の恋のみにやもなづみてありなむ

かな読み

ますらをの|こころはなしに|あきはぎの|こひのみにやも|なづみてありなむ

カタカナ読み

マスラヲノ|ココロハナシニ|アキハギノ|コヒノミニヤモ|ナヅミテアリナム

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|KOKOROHANASHINI|AKIHAGINO|KOHINOMINIYAMO|NAZUMITEARINAMU

ローマ字読み|小文字

masuraono|kokorohanashini|akihagino|kohinominiyamo|nazumitearinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

ますらをの[寛],
こころはなしに[寛],
あきはぎの,[寛]あきはきの,
こひのみにやも,[寛]こひにのみやも,
なづみてありなむ,[寛]なつみてあらなむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました