万葉集1876番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1876番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1876番について

歌番号

1876番

原文

朝霞|春日之晩者|従木間|移歴月乎|何時可将待

訓読

朝霞春日の暮は木の間より移ろふ月をいつとか待たむ

かな読み

あさかすみ|はるひのくれは|このまより|うつろふつきを|いつとかまたむ

カタカナ読み

アサカスミ|ハルヒノクレハ|コノマヨリ|ウツロフツキヲ|イツトカマタム

ローマ字読み|大文字

ASAKASUMI|HARUHINOKUREHA|KONOMAYORI|UTSUROFUTSUKIO|ITSUTOKAMATAMU

ローマ字読み|小文字

asakasumi|haruhinokureha|konomayori|utsurofutsukio|itsutokamatamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌

校異

特に無し

寛永版本

あさかすみ[寛],
はるひのくれは[寛],
このまより[寛],
うつろふつきを[寛],
いつとかまたむ,[寛]いつしかまたむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました