万葉集2282番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2282番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2282番について

歌番号

2282番

原文

長夜乎|於君戀乍|不生者|開而落西|花有益乎

訓読

長き夜を君に恋ひつつ生けらずは咲きて散りにし花ならましを

かな読み

ながきよを|きみにこひつつ|いけらずは|さきてちりにし|はなならましを

カタカナ読み

ナガキヨヲ|キミニコヒツツ|イケラズハ|サキテチリニシ|ハナナラマシヲ

ローマ字読み|大文字

NAGAKIYO|KIMINIKOHITSUTSU|IKERAZUHA|SAKITECHIRINISHI|HANANARAMASHIO

ローマ字読み|小文字

nagakiyo|kiminikohitsutsu|ikerazuha|sakitechirinishi|hananaramashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ながきよを,[寛]なかきよを,
きみにこひつつ[寛],
いけらずは,[寛]いけらすは,
さきてちりにし[寛],
はなならましを,[寛]はなにあらましを,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました