万葉集2286番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2286番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2286番について

歌番号

2286番

原文

吾屋戸尓|開秋芽子|散過而|實成及丹|於君不相鴨

訓読

我が宿に咲きし秋萩散り過ぎて実になるまでに君に逢はぬかも

かな読み

わがやどに|さきしあきはぎ|ちりすぎて|みになるまでに|きみにあはぬかも

カタカナ読み

ワガヤドニ|サキシアキハギ|チリスギテ|ミニナルマデニ|キミニアハヌカモ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|SAKISHIAKIHAGI|CHIRISUGITE|MININARUMADENI|KIMINIAHANUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|sakishiakihagi|chirisugite|mininarumadeni|kiminiahanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
さきしあきはぎ,[寛]さけるあきはき,
ちりすぎて,[寛]ちりすきて,
みになるまでに,[寛]みになるまてに,
きみにあはぬかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました