万葉集2012番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2012番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2012番について

歌番号

2012番

原文

水良玉|五百<都>集乎|解毛不<見>|吾者干可太奴|相日待尓

訓読

白玉の五百つ集ひを解きもみず我は干しかてぬ逢はむ日待つに

かな読み

しらたまの|いほつつどひを|ときもみず|わはほしかてぬ|あはむひまつに

カタカナ読み

シラタマノ|イホツツドヒヲ|トキモミズ|ワハホシカテヌ|アハムヒマツニ

ローマ字読み|大文字

SHIRATAMANO|IHOTSUTSUDOHIO|TOKIMOMIZU|WAHAHOSHIKATENU|AHAMUHIMATSUNI

ローマ字読み|小文字

shiratamano|ihotsutsudohio|tokimomizu|wahahoshikatenu|ahamuhimatsuni

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

部->都【元】【類】|及->見【西(訂正右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

しらたまの[寛],
いほつつどひを,[寛]いほつつとひを,
ときもみず,[寛]ときもみす,
わはほしかてぬ,[寛]われはかかたぬ,
あはむひまつに[寛],

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました