万葉集2203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2203番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2203番について

歌番号

2203番

原文

里異|霜者置良之|高松|野山司之|色付見者

訓読

里ゆ異に霜は置くらし高松の野山づかさの色づく見れば

かな読み

さとゆけに|しもはおくらし|たかまつの|のやまづかさの|いろづくみれば

カタカナ読み

サトユケニ|シモハオクラシ|タカマツノ|ノヤマヅカサノ|イロヅクミレバ

ローマ字読み|大文字

SATOYUKENI|SHIMOHAOKURASHI|TAKAMATSUNO|NOYAMAZUKASANO|IROZUKUMIREBA

ローマ字読み|小文字

satoyukeni|shimohaokurashi|takamatsuno|noyamazukasano|irozukumireba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|高円|地名|季節|属目

校異

特に無し

寛永版本

さとゆけに,[寛]さともけに,
しもはおくらし[寛],
たかまつの,[寛]たかまとの,
のやまづかさの,[寛]のやまのつかさの,
いろづくみれば,[寛]いろつくみれは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました