万葉集2347番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2347番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2347番について

歌番号

2347番

原文

海小船|泊瀬乃山尓|落雪之|消長戀師|君之音曽為流

訓読

海人小舟泊瀬の山に降る雪の日長く恋ひし君が音ぞする

かな読み

あまをぶね|はつせのやまに|ふるゆきの|けながくこひし|きみがおとぞする

カタカナ読み

アマヲブネ|ハツセノヤマニ|フルユキノ|ケナガクコヒシ|キミガオトゾスル

ローマ字読み|大文字

AMAOBUNE|HATSUSENOYAMANI|FURUYUKINO|KENAGAKUKOHISHI|KIMIGAOTOZOSURU

ローマ字読み|小文字

amaobune|hatsusenoyamani|furuyukino|kenagakukohishi|kimigaotozosuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|桜井|地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あまをぶね,[寛]あまをふね,
はつせのやまに[寛],
ふるゆきの[寛],
けながくこひし,[寛]けなかくこひし,
きみがおとぞする,[寛]きみかをとそする,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました