万葉集2120番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2120番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2120番について

歌番号

2120番

原文

秋芽子|戀不盡跡|雖念|思恵也安多良思|又将相八方

訓読

秋萩に恋尽さじと思へどもしゑやあたらしまたも逢はめやも

かな読み

あきはぎに|こひつくさじと|おもへども|しゑやあたらし|またもあはめやも

カタカナ読み

アキハギニ|コヒツクサジト|オモヘドモ|シヱヤアタラシ|マタモアハメヤモ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINI|KOHITSUKUSAJITO|OMOHEDOMO|SHIEYAATARASHI|MATAMOAHAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

akihagini|kohitsukusajito|omohedomo|shieyaatarashi|matamoahameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あきはぎに,[寛]あきはきに,
こひつくさじと,[寛]こひつくさしと,
おもへども,[寛]おもへとも,
しゑやあたらし[寛],
またもあはめやも,[寛]またあはむやも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました