万葉集1816番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1816番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1816番について

歌番号

1816番

原文

玉蜻|夕去来者|佐豆人之|弓月我高荷|霞霏d

訓読

玉かぎる夕さり来ればさつ人の弓月が岳に霞たなびく

かな読み

たまかぎる|ゆふさりくれば|さつひとの|ゆつきがたけに|かすみたなびく

カタカナ読み

タマカギル|ユフサリクレバ|サツヒトノ|ユツキガタケニ|カスミタナビク

ローマ字読み|大文字

TAMAKAGIRU|YUFUSARIKUREBA|SATSUHITONO|YUTSUKIGATAKENI|KASUMITANABIKU

ローマ字読み|小文字

tamakagiru|yufusarikureba|satsuhitono|yutsukigatakeni|kasumitanabiku

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春雑歌|非略体|桜井|奈良|地名|枕詞|季節

校異

特に無し

寛永版本

たまかぎる,[寛]かけろふの,
ゆふさりくれば,[寛]ゆふさりくれは,
さつひとの[寛],
ゆつきがたけに,[寛]ゆつきかたけに,
かすみたなびく,[寛]かすみたなひく,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました