万葉集1837番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1837番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1837番について

歌番号

1837番

原文

山際尓|鴬喧而|打靡|春跡雖念|雪落布沼

訓読

山の際に鴬鳴きてうち靡く春と思へど雪降りしきぬ

かな読み

やまのまに|うぐひすなきて|うちなびく|はるとおもへど|ゆきふりしきぬ

カタカナ読み

ヤマノマニ|ウグヒスナキテ|ウチナビク|ハルトオモヘド|ユキフリシキヌ

ローマ字読み|大文字

YAMANOMANI|UGUHISUNAKITE|UCHINABIKU|HARUTOMOHEDO|YUKIFURISHIKINU

ローマ字読み|小文字

yamanomani|uguhisunakite|uchinabiku|harutomohedo|yukifurishikinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

やまのまに,[寛]やまのはに,
うぐひすなきて,[寛]うくひすなきて,
うちなびく,[寛]うちなひき,
はるとおもへど,[寛]はるとおもへと,
ゆきふりしきぬ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました