万葉集2178番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2178番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2178番について

歌番号

2178番

原文

妻隠|矢野神山|露霜尓|々寶比始|散巻惜

訓読

妻ごもる矢野の神山露霜ににほひそめたり散らまく惜しも

かな読み

つまごもる|やののかむやま|つゆしもに|にほひそめたり|ちらまくをしも

カタカナ読み

ツマゴモル|ヤノノカムヤマ|ツユシモニ|ニホヒソメタリ|チラマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

TSUMAGOMORU|YANONOKAMUYAMA|TSUYUSHIMONI|NIHOHISOMETARI|CHIRAMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

tsumagomoru|yanonokamuyama|tsuyushimoni|nihohisometari|chiramakuoshimo

左注|左註

右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|地名|季節

校異

特に無し

寛永版本

つまごもる,[寛]つまこもる,
やののかむやま,[寛]やののかみやま,
つゆしもに[寛],
にほひそめたり[寛],
ちらまくをしも[寛],

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました