万葉集2177番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2177番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2177番について

歌番号

2177番

原文

春者毛要|夏者緑丹|紅之|綵色尓所見|秋山可聞

訓読

春は萌え夏は緑に紅のまだらに見ゆる秋の山かも

かな読み

はるはもえ|なつはみどりに|くれなゐの|まだらにみゆる|あきのやまかも

カタカナ読み

ハルハモエ|ナツハミドリニ|クレナヰノ|マダラニミユル|アキノヤマカモ

ローマ字読み|大文字

HARUHAMOE|NATSUHAMIDORINI|KURENAINO|MADARANIMIYURU|AKINOYAMAKAMO

ローマ字読み|小文字

haruhamoe|natsuhamidorini|kurenaino|madaranimiyuru|akinoyamakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|属目|季節

校異

特に無し

寛永版本

はるはもえ[寛],
なつはみどりに,[寛]なつはみとりに,
くれなゐの[寛],
まだらにみゆる,[寛]にしきにみゆる,
あきのやまかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました