万葉集2179番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2179番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2179番について

歌番号

2179番

原文

朝露尓|染始|秋山尓|<鍾>礼莫零|在渡金

訓読

朝露ににほひそめたる秋山にしぐれな降りそありわたるがね

かな読み

あさつゆに|にほひそめたる|あきやまに|しぐれなふりそ|ありわたるがね

カタカナ読み

アサツユニ|ニホヒソメタル|アキヤマニ|シグレナフリソ|アリワタルガネ

ローマ字読み|大文字

ASATSUYUNI|NIHOHISOMETARU|AKIYAMANI|SHIGURENAFURISO|ARIWATARUGANE

ローマ字読み|小文字

asatsuyuni|nihohisometaru|akiyamani|shigurenafuriso|ariwatarugane

左注|左註

右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|季節

校異

鐘->鍾【元】【紀】|歌【西】謌

寛永版本

あさつゆに[寛],
にほひそめたる,[寛]そめはしめたる,
あきやまに[寛],
しぐれなふりそ,[寛]しくれなふりそ,
ありわたるがね,[寛]ありわたるかね,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました