万葉集2008番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2008番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2008番について

歌番号

2008番

原文

黒玉|宵霧隠|遠鞆|妹傳|速告与

訓読

ぬばたまの夜霧に隠り遠くとも妹が伝へは早く告げこそ

かな読み

ぬばたまの|よぎりにこもり|とほくとも|いもがつたへは|はやくつげこそ

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨギリニコモリ|トホクトモ|イモガツタヘハ|ハヤクツゲコソ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YOGIRINIKOMORI|TOHOKUTOMO|IMOGATSUTAHEHA|HAYAKUTSUGEKOSO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yogirinikomori|tohokutomo|imogatsutaheha|hayakutsugekoso

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よぎりにこもり,[寛]よきりこもりて,
とほくとも[寛],
いもがつたへは,[寛]いもしつたへは,
はやくつげこそ,[寛]はやくつけこよ,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました