万葉集2176番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2176番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2176番について

歌番号

2176番

原文

秋田苅|苫手揺奈利|白露<志>|置穂田無跡|告尓来良思|[一云|告尓来良思母]

訓読

秋田刈る苫手動くなり白露し置く穂田なしと告げに来ぬらし|[一云|告げに来らしも]

かな読み

あきたかる|とまでうごくなり|しらつゆし|おくほだなしと|つげにきぬらし|[つげにくらしも]

カタカナ読み

アキタカル|トマデウゴクナリ|シラツユシ|オクホダナシト|ツゲニキヌラシ|[ツゲニクラシモ]

ローマ字読み|大文字

AKITAKARU|TOMADEUGOKUNARI|SHIRATSUYUSHI|OKUHODANASHITO|TSUGENIKINURASHI|[TSUGENIKURASHIMO]

ローマ字読み|小文字

akitakaru|tomadeugokunari|shiratsuyushi|okuhodanashito|tsugenikinurashi|[tsugenikurashimo]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|異伝

校異

者->志【元】【紀】

寛永版本

あきたかる[寛],
とまでうごくなり,[寛]とまてうこくなり,
しらつゆし,[寛]しらつゆは,
おくほだなしと,[寛]おくほたなしと,
つげにきぬらし,[寛]つけにきぬらし,
[つげにくらしも],[寛]つけにけらしも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました