万葉集1563番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1563番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1563番について

歌番号

1563番

原文

聞津哉登|妹之問勢流|鴈鳴者|真毛遠|雲隠奈利

訓読

聞きつやと妹が問はせる雁が音はまことも遠く雲隠るなり

かな読み

ききつやと|いもがとはせる|かりがねは|まこともとほく|くもがくるなり

カタカナ読み

キキツヤト|イモガトハセル|カリガネハ|マコトモトホク|クモガクルナリ

ローマ字読み|大文字

KIKITSUYATO|IMOGATOHASERU|KARIGANEHA|MAKOTOMOTOHOKU|KUMOGAKURUNARI

ローマ字読み|小文字

kikitsuyato|imogatohaseru|kariganeha|makotomotohoku|kumogakurunari

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|和歌|巫部麻蘇娘子|恋歌|比喩|動物

校異

歌【西】謌

寛永版本

ききつやと[寛],
いもがとはせる,[寛]いものとはせる,
かりがねは,[寛]かりかねは,
まこともとほく[寛],
くもがくるなり,[寛]くもかくるなり,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました