万葉集1569番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1569番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1569番について

歌番号

1569番

原文

雨晴而|清照有|此月夜|又更而|雲勿田菜引

訓読

雨晴れて清く照りたるこの月夜またさらにして雲なたなびき

かな読み

あめはれて|きよくてりたる|このつくよ|またさらにして|くもなたなびき

カタカナ読み

アメハレテ|キヨクテリタル|コノツクヨ|マタサラニシテ|クモナタナビキ

ローマ字読み|大文字

AMEHARETE|KIYOKUTERITARU|KONOTSUKUYO|MATASARANISHITE|KUMONATANABIKI

ローマ字読み|小文字

ameharete|kiyokuteritaru|konotsukuyo|matasaranishite|kumonatanabiki

左注|左註

右四首天平八年丙子秋九月作

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|天平8年9月年紀

校異

特に無し

寛永版本

あめはれて[寛],
きよくてりたる,[寛]きよくてらせる,
このつくよ,[寛]このつきよ,
またさらにして[寛],
くもなたなびき,[寛]くもなたなひき,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました