万葉集1601番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1601番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1601番について

歌番号

1601番

原文

目頬布|君之家有|波奈須為寸|穂出秋乃|過良久惜母

訓読

めづらしき君が家なる花すすき穂に出づる秋の過ぐらく惜しも

かな読み

めづらしき|きみがいへなる|はなすすき|ほにいづるあきの|すぐらくをしも

カタカナ読み

メヅラシキ|キミガイヘナル|ハナススキ|ホニイヅルアキノ|スグラクヲシモ

ローマ字読み|大文字

MEZURASHIKI|KIMIGAIHENARU|HANASUSUKI|HONIIZURUAKINO|SUGURAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

mezurashiki|kimigaihenaru|hanasusuki|honiizuruakino|sugurakuoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|宴席|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

めづらしき,[寛]めつらしき,
きみがいへなる,[寛]きみかいへなる,
はなすすき[寛],
ほにいづるあきの,[寛]ほにいつるあきの,
すぐらくをしも,[寛]すきらくをしも,

巻数

第8巻

作者

石川広成

タイトルとURLをコピーしました