万葉集1515番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1515番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1515番について

歌番号

1515番

原文

事繁|里尓不住者|今朝鳴之|鴈尓副而|去益物乎|[一云|國尓不有者]

訓読

言繁き里に住まずは今朝鳴きし雁にたぐひて行かましものを|[一云|国にあらずは]

かな読み

ことしげき|さとにすまずは|けさなきし|かりにたぐひて|ゆかましものを|[くににあらずは]

カタカナ読み

コトシゲキ|サトニスマズハ|ケサナキシ|カリニタグヒテ|ユカマシモノヲ|[クニニアラズハ]

ローマ字読み|大文字

KOTOSHIGEKI|SATONISUMAZUHA|KESANAKISHI|KARINITAGUHITE|YUKAMASHIMONO|[KUNINIARAZUHA]

ローマ字読み|小文字

kotoshigeki|satonisumazuha|kesanakishi|karinitaguhite|yukamashimono|[kuniniarazuha]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|尫柜蹋|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ことしげき,[寛]ことしけき,
さとにすまずは,[寛]さとにすますは,
けさなきし[寛],
かりにたぐひて,[寛]かりにたくひて,
ゆかましものを[寛],
[くににあらずは],[寛]くににあらすは,

巻数

第8巻

作者

但馬皇女

タイトルとURLをコピーしました