万葉集1439番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1439番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1439番について

歌番号

1439番

原文

時者今者|春尓成跡|三雪零|遠山邊尓|霞多奈婢久

訓読

時は今は春になりぬとみ雪降る遠山の辺に霞たなびく

かな読み

ときはいまは|はるになりぬと|みゆきふる|とほやまのへに|かすみたなびく

カタカナ読み

トキハイマハ|ハルニナリヌト|ミユキフル|トホヤマノヘニ|カスミタナビク

ローマ字読み|大文字

TOKIHAIMAHA|HARUNINARINUTO|MIYUKIFURU|TOHOYAMANOHENI|KASUMITANABIKU

ローマ字読み|小文字

tokihaimaha|haruninarinuto|miyukifuru|tohoyamanoheni|kasumitanabiku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ときはいまは[寛],
はるになりぬと[寛],
みゆきふる[寛],
とほやまのへに,[寛]とほきやまへに,
かすみたなびく,[寛]かすみたなひく,

巻数

第8巻

作者

中臣武良自

タイトルとURLをコピーしました