万葉集1491番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1491番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1491番について

歌番号

1491番

原文

宇乃花能|過者惜香|霍公鳥|雨間毛不置|従此間喧渡

訓読

卯の花の過ぎば惜しみか霍公鳥雨間も置かずこゆ鳴き渡る

かな読み

うのはなの|すぎばをしみか|ほととぎす|あままもおかず|こゆなきわたる

カタカナ読み

ウノハナノ|スギバヲシミカ|ホトトギス|アママモオカズ|コユナキワタル

ローマ字読み|大文字

UNOHANANO|SUGIBAOSHIMIKA|HOTOTOGISU|AMAMAMOKAZU|KOYUNAKIWATARU

ローマ字読み|小文字

unohanano|sugibaoshimika|hototogisu|amamamokazu|koyunakiwataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|植物|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うのはなの[寛],
すぎばをしみか,[寛]すきはをしみか,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
あままもおかず,[寛]あままもおかす,
こゆなきわたる[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました