万葉集1433番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1433番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1433番について

歌番号

1433番

原文

打上|佐保能河原之|青柳者|今者春部登|成尓鶏類鴨

訓読

うち上る佐保の川原の青柳は今は春へとなりにけるかも

かな読み

うちのぼる|さほのかはらの|あをやぎは|いまははるへと|なりにけるかも

カタカナ読み

ウチノボル|サホノカハラノ|アヲヤギハ|イマハハルヘト|ナリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

UCHINOBORU|SAHONOKAHARANO|AOYAGIHA|IMAHAHARUHETO|NARINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

uchinoboru|sahonokaharano|aoyagiha|imahaharuheto|narinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|佐保|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

うちのぼる,[寛]うちあくる,
さほのかはらの[寛],
あをやぎは,[寛]あをやきは,
いまははるへと[寛],
なりにけるかも[寛],

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました