万葉集1620番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1620番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1620番について

歌番号

1620番

原文

荒玉之|月立左右二|来不益者|夢西見乍|思曽吾勢思

訓読

あらたまの月立つまでに来まさねば夢にし見つつ思ひぞ我がせし

かな読み

あらたまの|つきたつまでに|きまさねば|いめにしみつつ|おもひぞわがせし

カタカナ読み

アラタマノ|ツキタツマデニ|キマサネバ|イメニシミツツ|オモヒゾワガセシ

ローマ字読み|大文字

ARATAMANO|TSUKITATSUMADENI|KIMASANEBA|IMENISHIMITSUTSU|OMOHIZOWAGASESHI

ローマ字読み|小文字

aratamano|tsukitatsumadeni|kimasaneba|imenishimitsutsu|omohizowagaseshi

左注|左註

右二首天平十一年己卯秋八月作

事項|分類・ジャンル

秋相聞|和歌|大伴家持|天平11年8月年紀

校異

歌【西】謌

寛永版本

あらたまの[寛],
つきたつまでに,[寛]つきたつまてに,
きまさねば,[寛]きまさねは,
いめにしみつつ,[寛]ゆめにしみつつ,
おもひぞわがせし,[寛]おもそわかせし,

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました