万葉集1463番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1463番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1463番について

歌番号

1463番

原文

吾妹子之|形見乃合歡木者|花耳尓|咲而盖|實尓不成鴨

訓読

我妹子が形見の合歓木は花のみに咲きてけだしく実にならじかも

かな読み

わぎもこが|かたみのねぶは|はなのみに|さきてけだしく|みにならじかも

カタカナ読み

ワギモコガ|カタミノネブハ|ハナノミニ|サキテケダシク|ミニナラジカモ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|KATAMINONEBUHA|HANANOMINI|SAKITEKEDASHIKU|MININARAJIKAMO

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|kataminonebuha|hananomini|sakitekedashiku|mininarajikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|和歌|紀女郎|植物|贈答

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
かたみのねぶは,[寛]かたみのねふは,
はなのみに[寛],
さきてけだしく,[寛]さきてけたしも,
みにならじかも,[寛]みにならぬかも,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました