万葉集1562番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1562番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1562番について

歌番号

1562番

原文

誰聞都|従此間鳴渡|鴈鳴乃|嬬呼音乃|<乏>知<在><乎>

訓読

誰れ聞きつこゆ鳴き渡る雁がねの妻呼ぶ声の羨しくもあるか

かな読み

たれききつ|こゆなきわたる|かりがねの|つまよぶこゑの|ともしくもあるか

カタカナ読み

タレキキツ|コユナキワタル|カリガネノ|ツマヨブコヱノ|トモシクモアルカ

ローマ字読み|大文字

TAREKIKITSU|KOYUNAKIWATARU|KARIGANENO|TSUMAYOBUKOENO|TOMOSHIKUMOARUKA

ローマ字読み|小文字

tarekikitsu|koyunakiwataru|kariganeno|tsumayobukoeno|tomoshikumoaruka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|恋情|恋歌|大伴家持|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|之->乏【万葉集略解】|左->在【万葉集略解】|守->乎【定本】

寛永版本

たれききつ[寛],
こゆなきわたる[寛],
かりがねの,[寛]かりかねの,
つまよぶこゑの,[寛]つまよふこゑの,
ともしくもあるか,[寛]ゆくをしらさす,

巻数

第8巻

作者

巫部麻蘇娘子

タイトルとURLをコピーしました